悪質業者への対処−お金を借りる借金申込みサイト!
悪質業者への対処


 悪徳業者と気づかずに契約するといったケースも少なくありません。 最初に極端な高金利を提示されれば誰でも悪質業者では?と思いますが、そうでなければ気付かないケースも多いのです。
 また丁寧な対応や感じのいい電話応対等でいい印象を受けている場合もあり、支払いが滞るなどで脅迫まがいの取立てをされて、その時点で初めて悪質業者であることが分かったというケースもあります。

 悪質業者に負けない、関わらないことが大切です。 そして自分1人で悩まず相談する勇気を持ちましょう。
 悪質業者ではないかと少しでも疑いを持ったら、次のように対処します。

専門の機関に相談する
 直ちに警察、または日本貸金業協会、各自治体の消費生活センター、弁護士会などに相談します。

接点を断ち切る
 悪質業者であれば今後一切、接点を持ってはいけません。 電話があっても無視します。 返済も1円もしてはいけません。 恐喝を受けても徹底的に無視します。

 悪質業者に騙され借りてしまった人は、債務者ではなく、被害者なのです。
 そもそも高金利の消費貸借契約は無効であり、借入れた金銭は不法原因給付なので返還の義務はないため、悪質業者から借りた金銭は返済する必要はないという判例もあります。


Copyright(C) 2009
お金を借りる!
借金申込みサイト

悪質業者への対処−お金を借りる借金申込みサイト!